Top » 研修会・講習会 » 平成30年度 支援者のための研修会「対話のチカラ~オープンダイアローグ~」
各方部での研修会

平成30年度 支援者のための研修会「対話のチカラ~オープンダイアローグ~」

オープンダイアローグとは、フィンランドの精神医療の中で生まれた対話によるアプローチの方法です。「対話」を通して、本人と家族のニーズに沿ってアプローチすることや、「本人のいないところで本人のことを決めないこと」を大切にします。 はじめての方はもちろん、参加経験のある方もぜひご参加ください。

目 的

震災から8年目となる福島県において、被災者が抱える問題は複雑かつ個別的になってきている。そのような現状の中で、支援者側の「状況を変えたい」という考えが先行され、「対象者不在」の支援になってしまうことがある。
このようなことから、対象者と支援者の対話の持つ力に焦点を当てた援助技法である『オープンダイアローグ(開かれた対話)』を学ぶ研修会を平成29年度に引き続き開催する。
なお、平成30年度は、地域の支援者により広く「オープンダイアローグ性」が認知されること、既知の参加者がより深い理解と実践に生かすための機会を得ることの2点を目的に実施する。

概 要

日 時:
平成30年10月24日(水)10:00~16:00
場 所:
郡山市中央公民館(勤労青少年ホーム) 多目的ホール(住所:福島県郡山市麓山一丁目8-4)
内 容:
研修会『オープンダイアローグ』
  第一部10:00~12:30/オープンダイアローグの基本的なワークショップ
  第二部13:30~16:00/オープンダイアローグの専門的なワークショップ
講 師  世界の医療団理事 みどりの杜クリニック院長 森川すいめい氏
     訪問看護ステーションKAZOC看護師 三ツ井直子氏
対 象:
医療・保健・福祉従事者、被災者支援に携わる支援者、その他の関係機関の職員
主 催:
(一社)福島県精神保健福祉協会 ふくしま心のケアセンター
(主管:ふくしま心のケアセンター県中・県南方部センター)

研修会チラシ(PDF)

参加申込み方法

FAXにて平成30年10月10日(水)までにお申し込みください。

■ FAX:024-983-0276(ふくしま心のケアセンター県中・県南方部センター)
       別紙の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX送信下さい。

参加登録FAX

定 員

第一部:60名(先着順)
第二部:40名(先着順)※第二部の参加対象は、第一部の研修を受けた参加者に限る

参加費

無 料

お問い合わせ先

(一社)福島県精神保健福祉協会 ふくしま心のケアセンター 県中・県南方部センター

担当:山下、渡部
TEL: 024-983-0274  FAX: 024-983-0276